品目から探す
新橋玉木屋(佃煮)
東京都港区新橋
通年
創業天明二年(1782年)・佃煮の老舗 新橋玉木屋
江戸時代から続く佃煮の名店
新橋玉木屋は、1782年に創業して以来、新橋一丁目に店を構えています。現在の玉木屋七兵衛は十代目。伝統の味を受け継いでいます。

玉木屋の佃煮は、秘伝のタレで、自社工場で一貫製造されています。素材ごとに合わせたタレを使い、深いコクと旨味のある味わいになっています。
天明二年(1782年)から続く歴史
新橋玉木屋は、越後の国・通称玉木村の七兵衛が江戸片側町(新橋一丁目)にお店を構えたのが始まりです。当時は座禅豆という煮豆で知られ、江戸の町に広まり有名になりました。

三代目七兵衛が、佃島の漁民が保存食として小魚を煮て売っていることから発想し、製法に独自の工夫を重ね、味・香り・艶と三拍子そろった江戸佃煮を完成させました。そのため、三代目七兵衛は佃煮づくりの元祖と呼ばれています。
代々受け継がれる秘伝のタレ
新橋玉木屋のこだわりは秘伝のタレに詰まっています。素材ごとに分けて煮込んだタレを継ぎ足し、継ぎ足し使用しています。深いコクと旨味があります。

下請けに製造を委託するメーカーもある中、新橋玉木屋は、自社工場で仕入から製造まで一貫しています。
商品について
素材によって形や大きさが違う佃煮は、機械を使って容器に詰めることができません。とても手間がかかりますが、一つひとつ丁寧に手で詰めています。江戸時代から続く伝統の製法は、素材の美味しさを生かし、合成保存料、着色料を一切使っていません。小さなお子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。
江戸前佃煮は玉木屋オリジナルブレンドのこだわりの醤油を使用し、きりっとした味わいに煮上げており、白佃煮はうす味で炊き上げたやわらかな佃煮で塩分控えめなのでお子様からご高齢の方までお召し上げりやすいお味つけです。

保存料は一切使用していなことから、素材ごとに真空パックになっているため、開封後は少しほぐしていただき、別の器などにお移し替えください。

おいしい召し上がり方
熱々ごはんやおにぎりの具にはもちろんのこと、炊き込みごはんやおこわ、またそのままごはんに乗せて熱いお湯やお茶などでお茶漬けなどにしていただくと、サラサラとおいしく召し上がっていただけます。
お届けについて
贈答に使えるよう丁寧に包装されています。
用途に応じて手提げ袋も付けられます。(仏事包装は青色になります。)
7件中 1-7件表示

新橋玉木屋・白佃煮7種入

¥ 3,840 税込
  • 送料無料
  • 産地直送
  • 日時指定不可
【注意】通常、3~6日で発送いたします。

新橋玉木屋・葡萄佃煮3種入

¥ 4,380 税込
  • 送料無料
  • 産地直送
  • 日時指定不可
【注意】通常、3~6日で発送いたします。

新橋玉木屋・懐石茶漬6袋入

¥ 3,760 税込
  • 送料無料
  • 産地直送
  • 日時指定不可
【注意】通常、3~6日で発送いたします。
7件中 1-7件表示