品目から探す

吉岡養蜂園・国産純粋コムハニー 400g×1個

吉岡養蜂園の巣はちみつ。純粋はちみつをたっぷり蓄えた巣を丸ごと切り抜いています。
¥ 4,200 税込
42 ポイント
商品番号 66200012
送料込
  • 送料無料
  • 産地直送
  • 日時指定不可
【注意】通常、3~6日ほどで発送します。
この商品は現在お取り扱いできません。在庫状況について
商品情報
品名吉岡養蜂園・国産純粋コムハニー
原材料名巣蜂蜜
内容量400g前後
保存方法直射日光を避け、冷暗所で保存してください。
生産者吉岡養蜂園
発送場所奈良県生駒市
説明
はちみつの栄養を丸ごと食べられるコムハニー
コムハニーとは、はちみつの巣です。巣を切り出したものですので、全く加工していません。ローヤルゼリーやプロポリスといった栄養素もそのまま残っています。吉岡養蜂園で養蜂しているミツバチが作った巣だけを使っています。

コムハニーは丸ごと食べられます。巣を形成している蜜蝋(みつろう)も、口の中に残ることがありますが、食べられます。巣の壁にも栄養素がいっぱいありますので、ぜひ丸ごと食べられることをおすすめします。吉岡さんのはちみつは、花ごとにミツバチが蜜を集めています。とても香り高く、一切熱や加工を行っていません。
ミツバチを知り尽くした名人が造る純粋はちみつ
奈良県の生駒山中に吉岡養蜂園があります。吉岡幸次さんが養蜂業を始めたのは50年以上前。それからずっと伝統的な養蜂を続けられています。吉岡さんが造られているはちみつは、純粋はちみつと呼ばれるもの。すべて自分たちが育てたミツバチから採集した生のはちみつで、非加熱、非調合です。現在日本に流通しているはちみつの90%以上が輸入品。さらに、吉岡さんが造るような花の名前を付けられる「単花はちみつ」はとても少ない。花ごとに異なる豊かな香りや、純粋はちみつならではのクリアな味は、甘さのことなど忘れてしまいそうな特別な味わいがあります。
はちみつ造り50年の吉岡養蜂園
吉岡幸次さんは自ら養蜂園を始めた創業者。今では息子の伸次さんがその匠の技を継承しています。それでも簡単には技術を伝授できないのが養蜂の難しさだそうです。ミツバチはとても賢い生き物で、巣箱が10cmでもずれていると、それを察知し元の場所に戻らないそうです。この他にも様々な習性があり、それらを熟知していないと、良いはちみつが採れません。

吉岡養蜂園がある生駒山は標高約600m。はちみつを採集する場所は山の斜面に点在しています。そのため、標高や時季によって様々な花からはちみつを採集することができます。また、夏場は暑すぎるため、4ヶ月間は北海道に巣箱ごと移動します。北海道でだけ採れるはちみつもあります。

吉岡さんがミツバチについて語るとき「この子たち」と表現されます。まさしくミツバチを我が子のように育てらています。造り手の仕事に忠実に反応するミツバチたちは、大切に育てないと良い群れに育ちません。群れの中の1匹でも死ぬと、同じ巣箱の中に棲む何万というミツバチの気性が荒れるそうです。とても仲間意識が強い生き物なのです。50年以上にわたり、良いはちみつを造るミツバチを育て続けてきたからこそ、吉岡養蜂園だけの香り高いはちみつが産み出されています。
希少な純国産はちみつ
養蜂に使うセイヨウミツバチは、元々ヨーロッパ原産のミツバチです。そのため、関西の夏は暑く、ミツバチがまいってしまいます。そこで夏の期間は巣箱ごと北海道に移動します。北海道にいる期間は4ヶ月。その後奈良に戻るということを毎年繰り返されています。これだけでも日本ではちみつを造ることの大変さがわかります。

また、近年問題となったセイヨウミツバチが大量死する現象がありました。この問題は解決された訳ではありません。原因は夏場にカメムシ対策で散布する農薬と考えられています。東北なども避暑地となっていましたが、今ではこの問題があり養蜂ができません。そのため、カメムシがあまり発生しない北海道の限られた地域でしたか養蜂ができなくなり、さらに国産はちみつの生産量が減少してしまいました。
カスタマーレビュー
  1. ホーム
  2. 品目
  3. 調味料
  4. はちみつ
  5. 吉岡養蜂園・国産純粋コムハニー 400g×1個
  1. ホーム
  2. 産地一覧
  3. 近畿
  4. 奈良県
  5. 吉岡養蜂園・国産純粋コムハニー 400g×1個
  • ・法令により20歳未満への酒類販売はいたしません。20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
  • ・写真はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージなどが異なる場合がございますのでご了承下さい。