品目から探す
吉岡養蜂園(国産生はちみつ)
奈良県生駒山
通年
奈良県・吉岡養蜂園「国産純粋はちみつ」
ミツバチを知り尽くした名人が造る純粋生はちみつ
奈良県の生駒山中に吉岡養蜂園があります。吉岡幸次さんが養蜂業を始めたのは50年以上前。それからずっと伝統的な養蜂を続けられています。吉岡さんが造られているはちみつは、純粋はちみつと呼ばれるもの。すべて自分たちが育てたミツバチから採集した生はちみつで、非加熱、非調合です。

現在日本に流通しているはちみつの90%以上が輸入品。さらに、吉岡さんが造るような花の名前を付けられる「単花はちみつ」はとても少ない。花ごとに異なる豊かな香りや、純粋な生はちみつならではのクリアな味は、甘さのことなど忘れてしまいそうな特別な味わいがあります。
生はちみつ造り50年の吉岡養蜂園
吉岡幸次さんは自ら養蜂園を始めた創業者。今では息子の伸次さんがその匠の技を継承しています。それでも簡単には技術を伝授できないのが養蜂の難しさだそうです。ミツバチはとても賢い生き物で、巣箱が10cmでもずれていると、それを察知し元の場所に戻らないそうです。この他にも様々な習性があり、それらを熟知していないと、良い生はちみつが採れません。

吉岡養蜂園がある生駒山は標高約600m。はちみつを採集する場所は山の斜面に点在しています。そのため、標高や時季によって様々な花から蜜を採集することができます。また、夏場は暑すぎるため、4ヶ月間は北海道に巣箱ごと移動します。北海道でだけ採れるはちみつもあります。

吉岡さんがミツバチについて語るとき「この子たち」と表現されます。まさしくミツバチを我が子のように育てらています。造り手の仕事に忠実に反応するミツバチたちは、大切に育てないと良い群れに育ちません。群れの中の1匹でも死ぬと、同じ巣箱の中に棲む何万というミツバチの気性が荒れるそうです。とても仲間意識が強い生き物なのです。50年以上にわたり、良いはちみつを造るミツバチを育て続けてきたからこそ、吉岡養蜂園だけの香り高い生はちみつが産み出されています。
純粋はちみつ・生はちみつとは?
はちみつは加工処理の方法によって3つに分類されます。純粋はちみつ、加糖はちみつ、精製はちみつです。
吉岡養蜂園のはちみつは、純粋はちみつです。
純粋はちみつ・・・国内でミツバチが集めた天然はちみつ100%。非加熱のはちみつです。
加糖はちみつ・・・水あめや異性化糖などが人為的に加えられたはちみつ。
精製はちみつ・・・加熱し減圧釜などではちみつを脱色脱香したもの。

生はちみつという表示には厳密な定義がありません。安心堂で吉岡養蜂園のはちみつが生はちみつであると言い切れるのは、採集した天然はちみつを一切加工処理せずにそのまま瓶詰めしているからです。そのため、ゴミを取り除くために濾過はしていますが、花粉やミツロウが混ざっていたり、低温で結晶化して白く濁ってしまうことがあります。
吉岡養蜂園ではヨーロッパ原産のセイヨウミツバチを養蜂しています。セイヨウミツバチは暑さに弱く、夏はバテてしまいます。そこで夏の期間は巣箱ごと奈良から北海道に移動します。北海道にいる期間は4ヶ月。その後奈良に戻るということを毎年繰り返されています。生はちみつを造るために、これだけの手間をかけられています。
花の香りを楽しむ純粋はちみつ
ミツバチにこの花の蜜を採ってきてくれと命令できないのに、一つの花の蜜を集められるのは不思議です。しかし、花の開花時期や場所を選び、ミツバチの習性を熟知することで一つの花の蜜を集めることができるそうです。特に生駒山は急峻で豊かな植生があります。また、北海道に行っている4ヶ月間でもはちみつを採っています。ミツバチと自然環境を熟知している吉岡養蜂園では10種類以上の生はちみつを扱っています。安心堂ではその中からおすすめのものをピックアップしお届けいたします。

【あかしあ】
もっともポピュラーで人気のあるはちみつ。花の間近に鼻を近づけたかのようにあかしあの香りが広がります。味わいはとても上品で、クセがないのでどのような食品にも合います。パン、ヨーグルトにかけることはもちろん、紅茶やコーヒーの甘味としても最適です。

【ヘアリーベッチ】
ツル性の植物で、初夏に紫色の花が鈴なりにできます。とても軽やかな味わいで上品。花の蜜の華やかな香りがします。合わせる食材や用途を選ばない、何にでもあうはちみつです。

【山桜】
生駒の斜面に咲く桜から集めたはちみつ。平地では花の期間が短すぎて生産ができないため、生駒のような山肌でしか生産できない希少品です。味わいは桜のイメージとは異なる野生的なもの。力強くインパクトのある味わいです。

【生駒百花】
異なる花のはちみつを人の手でブレンドしたものではありません。生駒山で、その時季に咲いている様々な花からミツバチが採集してきています。味はアカシアのような上品系ですが、やや強めのインパクトがあります。年によって味わいが変わるのも楽しみの一つです。

【しころ】
吉岡養蜂園が北海道に移動している際に採集したはちみつです。しころは別名キハダと呼ばれるミカン科の木です。味わいはとても華やか。桃のような香りを持ちます。
※しころは結晶化しやすく、時季によっては白濁しています。
お届けについて
すべて500gのビン入りです。
単品でのご購入と組み合わせでの購入が可能です。
2本入りと3本入りのギフト箱もご用意があります。

【注意】吉岡養蜂園のはちみつには、小さな蜂の巣のかけらが混入している場合がございます。品質に問題はございませんし、そのままお召し上がりください。
吉岡さんのはちみつは、ミツバチが集めたはちみつをフィルターで、みつばちの巣のかけらやプロポリスのかけらを除去している純粋な生はちみつです。そのため、フィルターを通過してしまう小さなかけらが入ってしまうことがありますのでご了承ください。丁寧に濾過しているのでほとんどのものには入っていません。
並び替え
12件中 1-12件表示
並び替え
12件中 1-12件表示