品目から探す
味舌(京料理の鰻山椒煮)
岐阜県下呂市
通年
京都祇園の懐石料理「味舌」
四季を大切に食材を吟味して作られる京料理の真髄
店主の味舌正洋氏は滋賀の料亭で修業したのちに、祇園四条に店を構えて三十数年。四季折々の食材を吟味され、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、一つ一つの料理を丁寧に作り込まれています。伝統的な調理法を磨きあげたその料理は、日本人が忘れかけている四季折々の豊さや、繊細な日本料理の味わいを教えてくれます。
ミシュラン京都・大阪版の一つ星店に
ミシュラン京都・大阪版には伝統的な京料理を味わえるお店として掲載されています。ミシュランに掲載されたからといって気負うところは一切なく、誠実に一人一人のお客様と向き合い、一つ一つの食材を吟味して調理される姿勢は変わらず続けられています。入口ではなかなか一元で入りにくい雰囲気がありますが、一歩足を踏み入れれば、心温まる料理と接客が待っています。お昼には気軽に楽しめるお弁当も用意されています。
京料理の風物詩鱧
京料理といえば鱧。丁寧に骨切りした鱧を椎茸と一緒に旨煮にしてあります。柔らかく炊き上げられた鱧と椎茸の風味が絶妙です。そのままご飯のお供としてお召し上がりいただくか、ご飯にのせて熱いお茶をかけてお茶漬けにしても美味しくお召し上がりいただけます。
懐石料理の〆に供されるうなぎ茶漬け
懐石料理のしめとして供されるのが、鰻山椒煮をつかったお茶漬け。あつあつのほうじ茶でいただきます。このうなぎ茶漬けのファンも多数いらっしゃるよう。お店でもこの鰻山椒煮をお土産として利用される方がいらっしゃいます。お昆布ふりかけをセットに。
並び替え
2件中 1-2件表示

味舌の鰻山椒煮

¥ 7,500 税込
  • 冷蔵
  • 送料無料
  • 産地直送
  • 通常発送
並び替え
2件中 1-2件表示