カテゴリーから探す
黒木へべすファーム(へべす)
宮崎県日向市
5~7月
黒木へべすファーム 幻の宮崎産かんきつ「へべす」
宮崎のソウルフルーツを作る黒木へべすファーム
黒木へべすファームの黒木照久さんは、生まれ育った千葉県から、先祖にルーツがある宮崎県へ移住。宮崎のソウルフルーツである香酸柑橘のへべすと、特産品の日向夏を作っています。

へべすは宮崎特産の香酸柑橘。スダチやカボスなどの仲間ですが、その風味は別物です。宮崎県民のへべすに対する想いは強く、肉や魚料理、鍋、お酒など、どんなものにも相性が良く愛用されています。
クセが無いのにクセになる美味しさ
へべすは江戸時代に宮崎県日向市で、長曽我部平兵衛(ちょうそかべ へいべえ)さんが発見しました。その香りのよさと、後味の良さから長らく宮崎で愛されています。

スダチやカボスに比べると、皮が薄く、種がほとんど無い柑橘。果汁が搾りやすいです。黒木へべすファームではハウスで栽培しているものが5月下旬から収穫が始まりますので、夏の暑いときに爽やかな味わいを楽しめます。
美味しい食べ方
へべすは半分に切って、手で果汁を搾れます。ほぼ種が入っていないため、カボスやスダチなどより搾りやすいです。クセが無い味わいは、色々な料理に合います。ハイボールやサワーなどお酒にも相性抜群です。

特におすすめは夏の麺類。冷たいうどんや素麺にぴったり。ビタミンやアミノ酸が豊富なへべすは暑さで疲れた体に最適です。
お届けについて
A品とB品があります。A品は見た目が良いものを選んでいますので贈答品に。B品は見た目が悪いものも入りますので、ご自宅用におすすめです。
2件中 1-2件表示
2件中 1-2件表示