TOPへ
戻る

閉じる
詳細検索
カテゴリー
産地
配送温度帯
用途
フリーワード
価格

美味しい安心な”食”を厳選!日本全国から食材・特産品をお届けします

こんにちは、ゲスト様

ホーム > 店舗・生産者一覧 > 魚介・水産加工品 > 加工品 > 美浜町なぎさ会(鯖のへしこ)

美浜町なぎさ会(鯖のへしこ)

産地:福井県三方郡美浜町
通年
発送時期:
なぎさ会謹製・福井県若狭の名産品「鯖のへしこ」
漁師のお母ちゃんたちが作ったふるさとの味
福井県若狭地方の伝統料理「鯖のへしこ」。厳しい日本海の冬を乗り切るための保存食として作られてきました。さばやふぐ、いわしなどを糠漬けにすることで、長期保存できるようにしています。その歴史は古く、江戸時代中期にはへしこ作りが始まっていました。鯖のへしこ作りは1年に1回。新米の糠がでる秋から冬にかけて糠漬けにしその後10ヶ月熟成させます。作り手によって少しずつ味わいが異なり、それぞれ企業秘密の作り方があるとか。それがまたへしこの楽しみの一つでもあります。
少しずつ切って、炙ったり、お茶漬けにしたりして食べるのが楽しみ方。濃厚な味わいが、ちょっと辛口の日本酒に合います。今では、パスタやピザの具材に使うなど用途が広がっています。
美浜のお母ちゃんが鯖のへしこを手作りするなぎさ会
なぎさ会は、国指定の名勝三方五湖のほとりに位置する美浜町日向の主婦たちが立ち上げました。この地に伝わるスローフードであるへしこの伝統を守り、次代に伝えています。
昔ながらの作り方で、大量に作ることはできませんが、1本ずつ丁寧に作り上げています。なぎさ会のへしこは、腹にたっぷり糠が詰め込まれていて濃厚な味わい。一度味わうとクセになります。一口にへしこといっても、各家庭ごとに味わいが異なります。その中でも人気の高いのがなぎさ会のへしこ。へしこ入門者にもおすすめです。
鯖のへしこの食べ方
本来のへしこは、冬を乗り切るためのたんぱく源でした。食べる分だけ切って、残りは冷蔵庫で保存ができます。少しずつ切り取って、糠を多めに残して火で炙り、日本酒と一緒に食べると最高です。
へしこ入門者は、糠の風味に慣れないかもしれません。少し糠を落として、お茶漬けにすると食べやすいです。ちょっとわさびをそえるとアクセントになって、へしこの旨味が引き立ちます。また、パスタの具材にすると塩味が効いて、簡単に美味しいパスタが作れます。慣れてくると、糠の味わいがクセになっていきますよ。
鯖のへしこのサイズ
へしこは、丸1本漬け込んだものと、半身のものがございます。1本のものは、身と身の間にたっぷりと糠が詰め込まれた状態になっていて、頭と尾が付いています。半身は、頭と尾を切り落としており、食べやすい形になっています。
1本ものについては、化粧箱での発送も承っております。ご用途に応じて、使い分けてください。

2 件中 1-2 件表示 

美浜町なぎさ会・さばのへしこ(半身)/1本

美浜町なぎさ会・鯖のへしこ(半身)

送料無料冷蔵
  • 産地直送
  • 配送日指定不可

2,380円(税込)

福井県民のソウルフードへしこ。美浜町のお母ちゃんたちが手作りしたふるさとの味です。頭を落として半身にしたものです。【注意】通常、発送まで3〜7日かかります。注文が多いときは、発送まで数週間かかりますのでご了承ください。

美浜町なぎさ会・さばのへしこ/1本

美浜町なぎさ会・鯖のへしこ(1匹)

送料無料冷蔵
  • 産地直送
  • 配送日指定不可

2,980円(税込)

福井県民のソウルフードへしこ。美浜町のお母ちゃんたちが手作りしたふるさとの味です。鯖を丸ごと1本ぬか漬けにしたもの。【注意】通常、発送まで3〜7日かかります。注文が多いときは、発送まで数週間かかりますのでご了承ください。


2 件中 1-2 件表示