品目から探す
花職人Ikeda(芽キャベツ)
和歌山県日高群
1~2月
冬限定のサプリメント野菜 生でも食べられるやわらかさと甘み「極 kiwami 芽キャベツ」
花栽培のプロがその技をかけて作る芽キャベツ
花職人Ikedaの池田憲人さんは、日本屈指の花産地、和歌山県日高でスターチスやカスミ草を栽培されている農家。池田さんで8代目となり、これまでの花栽培の技術を応用して、芽キャベツ栽培に取り組まれています。
花も野菜・果物も共通して重要なのは土づくりと栽培管理。繊細な花と同様に、きめ細やかな管理で、やわらかく甘みある芽キャベツを作り上げました。中身はギュッと詰まってますが、硬さをできる限りなくし、芽キャベツ特有の苦味が抑えられているので、通常加熱して食べますが生でも食べられるほどです。
冬のサプリメント野菜
芽キャベツは、キャベツをギュッと小さくした見た目で、栄養価が高いことが特長です。キャベツに比べて食物繊維は約3倍、ビタミンCは約3倍、βカロテンは約14倍も含みます。また、たんぱく質、ビタミンU、ビタミンK、ルテインなど栄養素を豊富に含みます。それがサプリメント野菜として注目されている由縁です。

そのようなサプリメント野菜芽キャベツを美味しく食べられるのが、花職人Ikedaの極技術。通常の芽キャベツに比べ、硬さも苦味も抑えられているので、とても美味しくお召し上がりいただけます。
美味しい食べ方
芽キャベツは加熱調理して食べるのが一般的です。花職人Ikedaの極芽キャベツは軟らかいので、シンプルに茹でるか蒸すだけでサラダとして美味しくお召し上がりいただけます。栄養価を逃がさないよう蒸し調理がおすすめです。または完全に栄養を取得するためには、ピクルスもおすすめです。

炒めたり、煮込んだりすれば、美味しさを存分に味わえます。極芽キャベツは苦味が少ないので、加熱調理すると甘味が際立ちます。ベーコンと一緒にソテーしたり、コンソメスープ、シチューに入れたりと活躍します。お味噌汁やおでんなど、和風料理にも合います。
お届けについて
200gで1パックになっています。3パック単位でご注文いただけます。
冷蔵保存する場合は、洗わずにそのまま冷蔵庫で保管してください。長期保存する場合は、1度さっとゆでて冷凍保存してください。
1件中 1-1件表示

花職人Ikeda・極 kiwami 芽キャベツ

販売期間
¥ 2,980 税込
  • 冷蔵
  • 送料無料
  • 産地直送
  • 日時指定不可
【注意】発送期間は12月末から2月下旬の予定です。通常、3~10日ほどで発送します。
1件中 1-1件表示