品目から探す
カネツル砂子商店(ホタルイカ)
富山県滑川市
刺身・茹で 3月下旬~5月上旬
活漬け 通年
富山県滑川産・カネツル砂子商店 鮮度抜群、大きくて甘い「ホタルイカ」
大ぶりで鮮度抜群、富山湾のホタルイカ
富山湾では春になると、深海のホタルイカが産卵のために沿岸部近くに集まってきます。神秘的な光を放つその光景は富山湾の風物詩となりました。
そんな景色からホタルイカといえば富山といったイメージがありますが、実は漁獲量は日本一ではありません。ではなぜ有名かというと、質が抜群に良いためです。
他の産地に比べて大ぶりで状態の良いホタルイカが水揚げされるので、プロからの評価が高く、有名になりました。

身が大きく鮮度抜群のホタルイカを、名産地滑川から産地直送でお届けします。
富山のホタルイカが美味しい理由
他県のものに比べて、常に市場で高い評価を受ける富山のホタルイカ。
その美味しさには理由があります。

一、大きなホタルイカだけ捕獲
富山湾で揚がるホタルイカは大きいです。産地の滑川では産卵にやってくるメス(オスより大きい)を産卵期に捕獲するので身がふっくらしています。また定置網で捕獲するので、むやみに傷がつきません。 1回の漁獲量は多くありませんが、乱獲を防ぎ、継続的に上質なホタルイカを水揚げできる方法で漁をしています。

ニ、漁場が近いので鮮度抜群
富山湾で新鮮なホタルイカが獲れる理由はその地形にあります。富山湾は浅瀬が少なく、岸から近い場所で急に深くなっています。そのため、深海に住むホタルイカを遠くまで行かずとも捕獲できるので、水揚げしてから短時間で帰港し、すぐに競りにかけられます。
創業100年を超えるホタルイカ専門店『カネツル砂子商店』
富山県滑川市はホタルイカミュージアムがあるほど、ホタルイカで有名な産地です。
カネツル砂子商店は滑川市で100年以上続くホタルイカ専門店。新鮮なホタルイカの買い付け、加工、発送を一貫しておこなっています。 新鮮なホタルイカも調理次第では台無しに。繊細な加減が求められるボイル調理などは職人さんの手によっておこなうことで、独特のムッチリした食感に仕上がります。製品の多くは市場に出荷され、目利きからも高い評価を受けています。

もう一つ注目するのは、冷蔵で産地直送するホタルイカの刺身です。一度も凍らせずにお届けしている業者は専門店でもほとんどありません。生で食べられない内蔵部分を一つ一つ取り除いています。小さく鮮度の落ちやすいホタルイカを調理するのは大変な苦労です。
人一倍手間暇をかけて美味しいものを提供し続けているのが、100年続いている秘訣かもしれません。
一度も冷凍せずにお届け!鮮度抜群のホタルイカ刺身
甘くて柔らかいホタルイカ刺身。県外ではなかなか味わえません。
獲れたてを一度も凍らせることなくお客様のもとへお届けします。新鮮で特に状態の良いものを厳選しました。ホタルイカの内臓は生では食べられないため、刺身で食べる場合は一度冷凍してから解凍するのが一般的。カネツル砂子商店では、熟練の職人さんが手早く内蔵を取り除くことで、鮮度と味を落とすことなく冷蔵でお届けするので、より美味しい刺身を味わえます。化粧皿に盛り付けてあるので、そのまま食卓に並べられます。
肉厚で弾力のあるプリっと食感の茹でホタルイカ
絶妙な茹で加減でプリッとムッチリ食感に茹で上げました。身は大きくふっくらしていて、濃厚なワタもまるごといただくと大変深い味わいです。
付属のからし酢味噌をかけて食べたり、パスタやアヒージョの具材として洋風料理でも美味しく召し上がれます。
ホタルイカの活漬け・スミ作り
通常、港に揚がったホタルイカを買い付けているカネツル砂子商店ですが、この活漬けだけは方法が違います。
自ら船を出して、漁船に横付け。生け捕りのホタルイカを海洋深層水ごと持ち帰って、工場で手早く醤油ダレに漬け込みます。
臭みがなくお刺身のような鮮度と、お刺身にはない程よい噛みごたえが美味しい一品です。スミ作りの方は、活漬けに真いかの黒スミを加えることで舌に絡みつくような旨みとコクのある味に仕上がっています。
お届けについて
刺身と茹でホタルイカは冷蔵便です、お手元に届きましたら冷蔵庫に入れてなるべく早めにお召し上がり下さい。
活漬けは冷凍便でお届けします、冷凍庫で保管して下さい。
並び替え
4件中 1-4件表示
並び替え
4件中 1-4件表示