品目から探す
田川農産(福井県)のコシヒカリ
福井県あわら市
華越前 10/1から
コシヒカリ 10/1から
あきさかり 10/1から
田川さんが作る福井生まれのお米「コシヒカリ・華越前・あきさかり」
福井県あわら市でこだわりの米作り
田川さん夫婦は従業員達と共に、日々お米作りに取り組む若手の作り手。
化学農薬、化学肥料の使用をできるだけ抑えて、栽培・土づくりに取り組んでいます。
福井県生まれのコシヒカリに対する思い入れも強く、他県に負けたくないという気持ちを人一倍持たれています。
生産するお米のほとんどは、売り先が決まっているという人気。数量限定での販売となります。
福井県あわら市で米を作る田川さん夫婦
福井県生まれのお米をお届けします
「コシヒカリ」
福井県生まれのお米のトップブランドといえば、コシヒカリ。
コシヒカリは美味しいお米の代名詞とも言える超有名品種ですが、誕生した地が福井県であることはあまり知られていません。
昭和31年に登場し、昭和54年にトップシェアになってからは今日までその生産量は日本ナンバー1です。
香りがよく甘みのある味わいがあり、味の濃い料理にも負けません。煮物や肉料理などのしっかりとした味の料理によく合います。

「華越前」
「コシヒカリの前に華が咲く」という意味で「華越前」と命名されたお米。福井農業試験場が交配、育成した品種で平成3年に登録されました。
福井県はコシヒカリが生まれた地。その地で、コシヒカリに迫る人気の華越前は、炊きあがりがふっくらしていて丸みがあり、ツヤがあって粘りのあるお米です。早場米ですがコシヒカリが出始めてからも、華越前を指名される方がいるほど美味しいお米です。

「あきさかり」
現在、福井県で一番新しいブランド米が「あきさかり」です。2009年には福井県の奨励品種となりました。名前は、収穫期の秋、人々がこの品種の魅力に満足し、さらにこの品種が長く愛され繁栄することを願って命名されました。
あきさかりは、コシヒカリの系譜を継ぐ品種で、コシヒカリより収穫が10日ほど遅い晩成型となっています。味はコシヒカリの系列とあって極良食味。粘りがあって、味にクセがないので、だれにでも好まれます。
ピッカピカの精米したてのお米をお届けします
田川さんからお米を直送いたします。発送前まで低温庫で保存され、精米してすぐに発送しますから、新鮮なお米の風味をお楽しみいただけます。
お米の妖精「田川まいちゃん(©田川農産)」の米袋(写真左)
並び替え
3件中 1-3件表示
並び替え
3件中 1-3件表示