品目から探す
せとか
愛媛県八幡浜市
2月中旬~3月下旬
愛媛県八幡浜市・萩森農園「完熟せとか」濃厚な甘みとギュッとつまったジューシーな果肉
萩森農園の美味しいせとか
愛媛県八幡浜市で40年以上柑橘栽培を続けている萩森農園は、園主の萩森公滋さんと奥様、息子さんの家族3人で営む小さな果樹園です。農薬の使用を極力減らして、様々な独自の工夫を凝らした栽培を続けています。

萩森さんのつくる柑橘は驚くほど美味しいものばかり。
せとかは果肉がぎゅっと詰まっていてとてもジューシーです。濃厚な甘みがありオレンジ系の香りが上品です。ひとつ食べれば萩森農園のファンになってしまう、そんな美味しいせとかです。
安心して食べられる柑橘を目指して
萩森農園では美味しい果実を育てるための様々な独自の栽培法があります。
例えば、せとかの栽培では着色を良くするために光を取り込む黒いネットをかけることが一般的ですが、萩森農園ではかけません。自然に着色するのをじっくり待つことで果実もしっかりと完熟します。
また炭と水と空気の力で土力を高め木を健康に育てることに注力しています。萩森農園で栽培される柑橘はすべて化学肥料、ワックス不使用です。
八幡浜は愛媛県内でもトップクラスのみかん生産量
八幡浜市は愛媛県の西部に位置し、日本有数のみかん産地である愛媛県内でもトップの生産量を誇ります。平坦な土地が少なく山の斜面にみかん畑が広がっています。温暖な気候で、海や段々畑に反射した太陽光が果樹にたっぷりと降り注ぎます。こうした恵まれた日照条件の中で美味しい柑橘が育ちます。
甘くてジューシー!美味しすぎるせとか
せとかは、みかんとオレンジの良いとこを受け継いだタンゴール類に分類される品種です。タンゴールの中では比較的大玉で果皮は薄く、少し向きにくいですが手でむけます。じょうのう膜が薄いので、まるごと食べられます。
大変濃厚な甘みがあり、果肉はぎゅっと詰まっていて柔らかくとてもジューシーです。生産者の萩森さんも美味しすぎると表現するほど優秀な柑橘です。

樹木に棘のあるせとかは風で揺れると果実を傷つけてしまうため、萩森農園ではハウス栽培も取り入れています。雨風にさらされる心配がないのできれい仕上がり、傷が原因でかかる病気を防げるため、無駄な農薬を使わずに済むのだそうです。
減農薬栽培せとかについて
減農薬栽培をしている萩森農園の果実は、決してきれいなものばかりではありません。大きさが不揃いのもの、傷があるもの、変形しているものなど様々です。見た目で判断してしまうにはあまりにもったいない美味しさなので、安心堂ではこういった商品も販売しています。
※贈答用でも多少のキズや黒点があります。ご了承の上お買い求め下さい。
商品規格・お届けについて
【贈答用】
サイズ、形を揃えた厳選品。緩衝材で1玉ずつ包み、平箱に詰合せてお届けします。※多少のキズや黒点はご容赦下さい。

【家庭用】
形やサイズは無選別です。ダンボール箱にバラ詰めです。
表面に傷や黒点多くある場合があります。
並び替え
4件中 1-4件表示
並び替え
4件中 1-4件表示