品目から探す
渡嘉敷農園(無農薬たんかん)
沖縄県国頭郡本部町
1月下旬~2月下旬
農薬・化学肥料不使用栽培「沖縄たんかん」
農薬を使わずたんかんを作る渡嘉敷さん
沖縄美ら海水族館がある国頭郡本部町でたんかんを栽培している渡嘉敷唯敏さん。長年、農薬不使用、化学肥料不使用でたんかんを栽培されています。

沖縄県のたんかん栽培は北部が盛ん。日本では鹿児島県以南でしか栽培できないたんかん。温暖なエリアが適地となっています。
たんかんとは
たんかんは中国広東省が原産地。自然発生的に生まれた品種のため、その起源はわかっていませんが、その性質からポンカンとオレンジ系の自然交雑で生まれたのではと考えられています。

日本には1897年ごろに台湾から鹿児島に入ってきたそうで、今も鹿児島県の屋久島や奄美大島、沖縄県が主産地となっています。
トロピカルな香りで甘い
果皮はオレンジ色で、大きさはみかんと同じくらいか少し大きいくらいのサイズ。甘味がとても強く、酸味は控えめです。香りがオレンジのように華やかです。

みかんのように皮をむいて、じょうのうごと食べられますが、おすすめはオレンジのようなスマイルカット。薄皮がほとんど気にならず、香りも楽しめます。
見た目は悪いけど美味しい
渡嘉敷さんは農薬を一切使っていないため、見た目はとても悪いです。皮に傷がついていたり、黒点があります。

樹上でしっかり熟してから収穫しているので、見た目が悪くても、味は濃厚で美味しい。甘味がしっかりのっていて、酸味もマイルドです。
お届けについて
サイズはS~Lサイズまで混載となっています。選別して入れてるわけではありませんので、各サイズがバランスよく入っているわけではありません。
サイズは選択できませんのでご了承ください。
1件中 1-1件表示
1件中 1-1件表示