TOPへ
戻る

閉じる
詳細検索
カテゴリー
産地
配送温度帯
用途
フリーワード
価格

美味しい安心な”食”を厳選!日本全国から食材・特産品をお届けします

こんにちは、ゲスト様

ホーム > 店舗・生産者一覧

ホーム > 店舗・生産者一覧 > 野菜・きのこ > 野菜 > 安藤食品(秋田生じゅんさい)

ホーム > 商品カテゴリー > 野菜・きのこ・卵 > じゅんさい

ホーム > 産地一覧 > 東北 > 秋田県

三種町産・生じゅんさい【特選】1kg

送料無料冷蔵
  • 産地直送
  • 配送日指定不可

商品番号 32600008

秋田県三種町産の採れたて生じゅんさい。極上食感の1〜1.5cmの若芽を選び抜いた特選品です。【注意】発送期間は6月上旬から8月中旬の予定です。発送期間中は3〜7日で発送いたします。収穫状況により7日より遅れる場合もございます。

10,000円(税込)

100ポイント還元

[ 送料込 ]

【販売期間:5月11日9時0分8月10日8時59分

1箱に入れる数量をお選び下さい
数量
※のし・メッセージカードは無料
お気に入りに登録 お気に入り登録済
レビューを書く

その他画像

その他画像その他画像その他画像
その他画像
拡大 Prev Next

商品の説明
秋田県三種町で100年前から続く歴史ある安藤食品

安藤食品のルーツはおよそ100年前にさかのぼります。
秋田県山本郡三種町森岳字泉八日、この土地で約100年前に米作りを始め、じゅんさいを採り続けてきたのが安藤食品です。

三種町はじゃんさい生産量日本一の町です。じゅんさいの生育には美しい水が必要。三種町は世界遺産白神山系の水と、出羽山系からの水が流れ込む最高のエリアです。その昔には角助沼と惣三郎沼にじゅんさいが自生していましたが姿を消してしまいました。しかし安藤食品のじゅんさいへの熱い思いは変わりません。新たにじゅんさい沼を開墾し、じゅんさい栽培の技術向上に励んでいます。「じゅんさい」はこの地域の伝統文化なのです。

じゅんさいとは

じゅんさいは水面に葉を浮かべる水草の一種です。 淡水の沼に生息します。じゅんさい沼の深さは約80cm-1mほど。沼底に根を張り、そこからたくさんの茎を伸ばし、緑色の楕円形をした葉を水面に浮かべます。春から夏にかけてじゅんさい沼は一面を鮮やかな緑色の葉で覆われます。 茎からでてくる新芽はゼリー状のヌメリで覆われており、食用として摘み取られます。 じゅんさいの収穫時期は初夏からで最盛期は6月頃です。

じゅんさいは一粒一粒手作業で摘み取り

三種町森岳地区には角助沼、惣三郎沼という沼があり、じゅんさいが自生していました。昔の町の広報を見てみると「じゅんさい収穫の解禁日には登録されている71人のジュンサイ摘み者が、箱船を持って午前7時のサイレンと同時に一斉に摘み始める。摘み取られたジュンサイは町内の加工業者に買い取られる他に一般の人にも現地で販売されるため、毎日560人は列を作っている」とあり、この町のじゅんさいへの熱気が伝わってきます。

現代でも収穫方法は変わりません。水面に浮かぶじゅんさいの葉をかきわけて、水中のじゅんさいを探し、摘み取ります。ていねいに、ていねいに摘み取られます。三種町で収穫されるじゅんさいは全て、小舟に乗り、一粒一粒手作業で摘み取られています。

選び抜かれた特選品

収穫したじゅんさいの中でも長さが1〜1.5cmの若芽のみを選抜したものが特選品です。一粒一粒手作業で収穫されたじゅんさいを更に一つ一つ手作業でカットし、選別しています。茎の部分を排除し、たっぷりのヌメりに覆われています。特選品はじゅんさいの中でも手間暇掛けて生み出される極上の食感を持っています。

商品の情報
品名 【特選品】生じゅんさい1kg「秋田県三種町産地直送」
内容量 1kg
原材料名 じゅんさい
保存方法 冷蔵
賞味期限 7日間
販売元 株式会社 安藤食品
秋田県山本郡三種町森岳字泉八日