品目から探す

松村さんの八代産塩トマト(約450g)9-11玉

熊本県八代市・松村さんが作る塩トマトです。この土地特有の塩分を含んだ土壌が濃厚なトマトを生み出します。
¥ 2,700 税込
27 ポイント
商品番号 47000001
送料込
  • 冷蔵
  • 送料無料
  • 産地直送
  • 日時指定不可
【注意】収穫でき次第の発送となります。1週間以上かかる場合があります。
この商品は現在お取り扱いできません。在庫状況について
商品情報
品名熊本県八代産塩トマト
内容量約450g(9-11玉入り)
保存方法15℃以下の涼しい場所に保管するか、野菜室で保存してください。
生産者松村一園芸
発送場所熊本県八代市水島町
説明
フルーツトマトの元祖“塩トマト”
熊本県八代市でできる甘いトマト。元祖フルーツトマトとも呼ばれる八代の塩トマト。糖度は8度以上あり、中には13-14度にもなるものがあります。13-14度といったら、その甘みはメロンや桃に匹敵します。普通のトマトの半分の大きさにも成長しない塩トマト。その分、甘みや旨味が凝縮されています。

松村さんは、八代市水島で塩トマトを家族で栽培されています。100m以上あるハウスの中でも、塩トマトができるのは一部だけ。塩トマトは、トマトの品種ではなく、限られた場所にできるトマトなんです。そのため、トマトハウスが広がる八代平野でも塩トマトができるのは極一部。自然条件が重なった部分でしかできません。
塩トマトができる秘密
塩トマトの品種は一般的に作られている桃太郎などです。この地特有の条件が、塩トマトと呼ばれる甘くて濃厚な味わいのフルーツトマトを育てます。

その秘密は江戸時代までさかのぼります。江戸初期の加藤清正の時代から八代の球磨川河口では大規模な干拓が始まります。遠浅の海を仕切り、農地へと転換していきました。しかし、干拓が十分でない部分では、海の塩分が地下から地上へと染み出してくるようです。そのような場所では、植物が十分に水分を吸うことができず、発育不良となってしまいます。それが、トマトでは、十分に大きくならない分、中身が濃厚で凝縮されたトマトとなります。そのため、塩トマトの樹は少し枯れていたり、元気がないように見えます。その分後世へ種を残すために、果実に栄養が凝縮されているのかもしれません。
強い甘みと濃厚なトマトの味わい
フルーツトマトと呼ばれてその甘味が強調されがちな塩トマトですが、あまり大きくならず中身が凝縮されている分、旨味や香りも濃厚です。果肉はしっかりしていて、皮も少し固めです。
まずは生で岩塩をふる程度で食べてほしいです。あとは加熱してもその美味しさは抜群。一層味に深みがでます。
梱包について
写真の箱に塩トマトが約450g(9-11玉)入っています。
カスタマーレビュー
  1. トップ
  2. 品目
  3. 野菜・きのこ・卵
  4. トマト
  5. 松村さんの八代産塩トマト(約450g)9-11玉
  1. トップ
  2. 産地一覧
  3. 九州
  4. 熊本県
  5. 松村さんの八代産塩トマト(約450g)9-11玉
  • ・法令により20歳未満への酒類販売はいたしません。20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
  • ・写真はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージなどが異なる場合がございますのでご了承下さい。